トップページ

江戸川第一支部のホームページへようこそ
当支部は、「明るい挨拶・明るい返事・明るい支部」の旗印のもと支部員の結束・協力で発展してきました。法令遵守と適正営業に邁進し公共交通機関として利用者に喜ばれる個人タクシーを目指しています。

○ス ロ ー ガ ン
一.地域社会に貢献し社会の信頼に応えよう
一.定期健康診断を積極的に受診し健康管理に努めよう
一.公共交通機関としての意識を高め信頼を獲得しよう
一.安全輸送と適正営業に徹し利用者の信頼に応えよう
一.組合事業を積極的に活用し事業の健全経営に努めよう
一.支部員の相互信頼と協調で円滑な支部運営を定着させよう
一.危険予知トレーニング教材を活用し事故防止に努めよう
一.マスターズ制度を推進し利用者の期待に応えよう

○標語
一.乗って安心個人タクシー
一.速さより安全こそがプロの技
一.事故防止いつも初心を忘れずに

トピックス

平成29年12月2日(土)西小岩福祉作業所ボランティアもちつきまつり
  • 江戸川第一支部のボランティア活動も 8 年が過ぎました。夏7 月には、5 班に別れ 22 台のタクシーで西小岩福祉作業所の大勢の皆さんを、野田のキッコーマンしょうゆ館、お台場の日本科学未来館、両国の江戸東京博物館と社会科見学を致しました。
  • 平成 29 年 12 月 2 日(土)もちつきまつりのボランティアへ濱田支部長はじめ三役で参加いたしました。おもちは無料配布され1,000個以上配布されたそうです。今年の室内での担当はゲームを致しました。一回50円で5個の玉を購入していただき、鬼の的の穴に入れるゲームです。景品は盛りだくさんあり、皆さん大変喜んでおりました。ボランティアメンバーの皆様、毎年参加していただきお礼を申し上げます。又メンバーでない方も365分の1日をボランティア活動に参加してみませんか!!!

第 26 回 江戸川第一支部主催班対抗ボウリング大会
  • 10 月 28 日(土)新小岩サニーボウルにて、班対抗ボウリング大会を開催致しました。今大会も 63 名の方が参加され優勝を目指し熱戦を繰りひろげました。田中ボウリング部長の要望で今大会より選手宣誓を取り入れ、25 回大会の覇者である山内久美氏の選手宣誓。当日お願いしたにも関わらず快く引き受けて下さり有難うございました。

支部旅行 会津芦ノ牧温泉の旅
  • 平成 29 年 11 月 12 日(日)13 日(月)に、2年に1度の支部旅行を会津の芦ノ牧温泉へ(支部員 52 名、家族 9 名、OB3名、職員 5 名、近隣支部 4 名)の参加を得て実施致しました。ご多用の中、ご参加いただいた皆様には御礼申し上げます。晴天の中、早朝 8 時一之江駅を出発、塔のへつり、大内宿を見学し、芦ノ牧温泉大川荘へ到着、夜の宴会では佐藤恵美子さんの歌謡ショウ、趣向凝らした、豪華景品の抽選会、カラオケでは、首藤氏の唄う曲に合わせ夫人桂子さんの指導で職員や支部員が舞台に上がり恋ダンスを踊り、大変盛り上がった宴会なりました。二日目は、雲ひとつない晴天に恵まれ、出発前集合写真を撮影、定刻 9 時に大川荘を後に鶴ヶ城(見学)末廣酒造(見学、試飲)白虎隊の飯盛山(見学、昼食)世界のガラス館を経由し予定より 1 時間遅れましたが、皆様のご協力を頂き、無事に支部旅行終える事が出来ました。ありがとうございました。また、ご祝儀、寸志を頂戴しました池原氏、関係会社の皆様には御礼申しあげます。

秋季事業者講習会
  • 平成 29 年 10 月 30 日(月)江戸川総合文化センターにおいて、29年度秋季事業者講習会を開催いたしました。
  • 東個協    矢澤総務担当常務理事
  • 交通共済  長岡経理担当常務理事
  • 東京タクシーセンター 松井指導部課長代理
  • 江戸川北税務署・田中上席国税調査官・佐藤統括国税徴収官

本部運営規約第 19 条・運営規定第 27 条において、年度 2 回以上の実施、全員受講となっています。2回欠席者の皆様には他支部講習会受講もしくは、本部・交通共済の合同講習会(有料)で受講して頂くこととなります。事業者講習会は春・秋講習内容も異なります。春・秋 2 回の講習会の出席、全員受講をお願いいたします。尚、やむを得ない事由により欠席された皆様には、30年3月12日予定の春季事業者講習会を必ず受講お願いいたします。

平成29年10 月 8 日(日)自転車シミュレーター
  • 10 月 8 日(日)、創立 50 周年を迎えた都立篠崎公園にて、第 40 回「江戸川区民祭り」が開催されました。当日は天候にも恵まれ、記念式典ということで、総勢 3,000 名による大パレードや多数の模擬店の出店など大盛況でした。当自転車シミュレーターも開催時間中は常に行列が絶えることなく、162 名が体験されました。より多くの子供たちが「正しい自転車の乗り方」を体験してもらえるようこれからも協力させていただきます

› 続きを読む